ケータイ辞書JLogosロゴ 西俣(中世)


鹿児島県>郡山町

 鎌倉期から見える地名。薩摩国満家【みついえ】院のうち。西俣名ともいう。天福元年10月2日の僧智弘・僧実範・紀道房連署契約状に「満家院内比志嶋・西俣・城前田・上原薗〈但八郎入道屋敷也〉……河田村」と見える(比志島文書/旧記雑録)。この比志島・西俣・河田・城前田・上原園の5か所には何人かのものが権利を有していたようであるが,比志島氏の祖である上総法橋房(栄尊)が寛元2年12月11日に当知行安堵の関東御教書を下されている(同前)。また,寛元5年3月11日には本主である母比丘尼菩薩房が先の関東御教書の旨にそって5か所の名主職を栄尊に譲り与え(同前),宝治元年8月11日には満家院預所・地頭である守護島津忠時は同職を安堵している(同前)。その後,建長5年5月の西俣名主栄尊申状によれば,西俣名と伊集院の中河名の間で堺相論が起きているが(同前),同年7月10日には栄尊は譲状を作成して嫡子比志島佐範に比志島・河田・西俣・城前田・上原園の5か所の惣領職を譲り渡し,他の子息は各名の代官としている。河田名代官は宮次郎(三男盛資),西俣名代官は弥三郎守忠,城前田・河田内孫江田元明屋敷代官は乙次郎である(同前)。この譲状は正嘉元年8月22日の預所・地頭島津忠時安堵状によって安堵される(同前)。文永11年の蒙古襲来の後,鎌倉幕府は防備のため,西国御家人に石築地役を課すが,建治3年正月27日には比志島佐範にも比志島・西俣・河田・前田の4名分,5丈1尺4寸の築地役が命じられている(同前)。弘安7年11月19日には佐範は出家して比志島・西俣以下5名の名主職を孫の彦三郎に譲与しているが,正応4年5月27日の鎮西奉行連署奉書によれば,比志島・西俣以下の村々は比志島孫太郎忠範が知行しており,当時,吉原俊平と知行をめぐって相論が行われていたことが見える(同前)。吉原氏は加治木氏の一族で本姓は大蔵氏で,満家院院司大蔵氏とも同族と思われ,大蔵幸満の没官以前には院内に所領を有したのであろう。この相論は比志島氏の勝利に終わったようであるが,正和年間になると,今度は比志島一族内で,所従や所領をめぐって相論となり,和与が行われている。南北朝期に入ると西俣に所領をもつ庶子の西俣氏は惣領の比志島氏とともに守護に付き活動する。西俣兵衛入道は暦応2年8月10日,碇山の戦の功に対して酒勾久景から感状を与えられ,西俣弥平治は貞和3年2月1日には島津道鑑から感状を与えられている(同前)。応安7年8月22日の比志島範平譲状によれば,比志島名・西俣以下の5か所の惣領職は嫡子の孫太郎久範に譲与されている(同前)。正平5年,伊集院忠国は郡山城を攻略し,満家院に勢力をのばし,忠国の四男義久の次男忠房は有屋田に入り,有屋田氏を称す(伊集院一流惣系図/県史料補遺)。西俣は有屋田の近くであり,まもなく伊集院氏に支配され,西俣氏もその家臣となったという(諸家大概)。応永24年9月20日の伊集院道応(頼久)安堵状によれば,満家院内の中俣・西俣は清色殿(渋谷氏)に安堵されており,これ以前に中俣・西俣の地は,渋谷惣領家に宛行われたと考えられる(入来院氏文書/旧記雑録)。しかし,再び比志島氏に返されたのであろうか。応永32年10月29日の比志島久範譲状では比志島・西俣・河田・城前田・上原園の5か所の惣領職を嫡子義清に譲り(比志島文書/旧記雑録),永享4年6月1日の比志島義清譲状では,それを嫡子犬房丸に譲るが,犬房丸が早逝したのであろう。文安3年12月9日には孫の千代房丸(立頼)に譲っている(同前)。宝徳2年に伊集院氏は島津氏に追われ,肥後に走るが,その所領は島津氏の直轄領となる。当地も島津氏の支配地となり,永正11年12月15日の薩摩国伊集院諏訪御祭礼年回田数番帳に西俣名の名が見える(伊集院由緒記/県史料拾遺)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7462956
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ