ケータイ辞書JLogosロゴ 野角(中世)


鹿児島県>野田町

鎌倉期から見える地名薩摩国山門【やまと】院のうち嘉暦4年3月2日付の本田静観から息針原二郎道観への譲状に「薩摩国針原二郎入道被譲渡ところ針原・野角・横峯以下所々水田畠等事」と初見また同年卯月25日には,道観から,その嫡子孫二郎久兼に譲状が出され「ゆつりわたすさつまの国山門院内はリハらの村田畠くわうや等,並のすミのうちの屋敷ほう四町内よこミねの四至さかい手継本証文等ニ見へたり」と見える(入来本田氏文書/旧記雑録)野角の地名は野田町上名地内,野田川と支流御手洗川に挾まれた地にあり,青木原の南で高尾野町に接する
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463013
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ