ケータイ辞書JLogosロゴ 野田郷(近世)


鹿児島県>野田町

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国出水郡のうち。野田村ともいう(元禄郷帳・天保郷帳など)。鹿児島藩直轄領,外城の1つ。はじめ出水郷の一部であったが,明暦3年分郷する(出水記)。上名・下名の2か村から成り,上名の熊陳【くまじん】馬場に地頭仮屋があった。この熊陳馬場と下名村の本町付近に郷士集落がかなり集中していたが,麓は形成していなかった。当郷分立以前の寛永9年頃におけるこの地域の内地頭は,出水地頭山田有栄昌巌の二男蒲地備中であったが,分郷後明暦4年からは初代地頭として鎌田政栄の名が見える。「出水衆中軍役高帳」によれば,分郷以前寛永14年の野田衆中は高402石余(そのうち寺高4石,役分高4石),人体137。「薩藩政要録」では,地頭木場次郎兵衛,郷士惣人数396,郷士人体179,所惣高5,194石余,郷士高520石余,寺高4石,用夫445,野町用夫14。「天保郷帳」では野田村高として3,410石余。「要用集」では,地頭猪飼鉚太郎,郷士惣人数383,郷士人体177,所惣高4,888石余,郷士高510石余・寺高4石,用夫375,野町用夫14。出水街道は上名,下名両村の境を経て熊陳馬場に入るが,この村境に野町が形成されており,高尾野郷と半月交代で街道の人馬を継いだ(薩陽往返記事)。「地理纂考」によれば,明治4年の戸数516・人口2,075(士族729・平民1,346)。明治4年鹿児島県に所属。当郷は同年阿久根郡治所,同12年出水郡阿久根郡役所,同14年薩摩郡隈之城郡役所の管轄下に置かれた。同20年には野田・阿久根・高尾野・長島・出水の5か郷は出水武本に設置された出水郡役所の管轄下に入る。当郷内2か村の戸長役場は上名村に置かれた。明治22年野田郷2か村は野田村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463020
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ