ケータイ辞書JLogosロゴ 東佐多浦村(近世)


鹿児島県>吉田町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国鹿児島郡吉田郷のうち。村高は,「旧高旧領」では1,085石余。江戸初期には西佐多浦村と合わせて佐多之浦村と称していたと思われ,「県地誌」の東佐多浦村の項に「慶長中佐多村ヲ割キ,始テ本村及ヒ西佐多浦村ト為ス」と見える。吉田郷の地頭仮屋が思川北岸に置かれ,付近に麓・野町も形成していた。寺社には,臨済宗興化寺,真言宗宝勝院,王子原の当村鎮守王子権現社などがある(三国名勝図会)。なお,寺院は排仏毀釈で廃寺となる。「県地誌」によれば,耕地は田68町2反・畑50町4反・切換畑10町7反,戸数164・人口723。明治22年吉田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463112
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ