ケータイ辞書JLogosロゴ 平原(中世)


鹿児島県>郡山町

鎌倉期に見える地名薩摩国満家【みついえ】院のうち建長5年7月10日,比志島氏の祖栄尊は嫡子比志島佐範に満家院内比志島以下5名の名主職とともに,同日,別の譲状で惣領職として「西俣名内八世井浦田畠山野・平原居屋敷」などを譲っている(比志島文書/旧記雑録)平原は郡山町西俣の字平原に比定されるなお,八世井浦は延応2年8月22日の比丘尼生阿弥陀仏・比丘尼菩薩房(栄尊の母)連署去状に見え,水田は誓尾六所権現に寄進されている四至は東は郡山堺,南は門木山,北は川ならびに山辺多,西は河と記されており,平原の北の山間地帯と考えられる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463194
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ