ケータイ辞書JLogosロゴ 二渡村(近世)


鹿児島県>宮之城町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ薩摩国薩摩郡東郷のうち。明暦2年からは伊佐郡山崎郷のうち。ただし,当村は江戸期を通じて薩摩郡に属す。村高は,「天保郷帳」605石余,「旧高旧領」963石余。二渡新田は宮之城郷を領した宮之城島津久通の開発と伝えられ,当時の井手溝は現存している。慶応4年の蔵入・給地高の合計は648石余(宮之城町史)。「県地誌」によれば,戸数221・人口1,042(士族132・平民910),牛82・馬288,用水1,神社1(南方神社),小学校は東部にあり生徒数男26,物産としては米・麦・粟・大豆・蕎麦・甘藷・麻苧・煙草・茶など。明治22年山崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463257
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ