ケータイ辞書JLogosロゴ 麓村(近世)


鹿児島県>吾平町

 江戸期〜明治22年の村名。大隅国肝属郡姶良郷のうち。「元禄郷帳」「天保郷帳」「三国名勝図会」では浅井村と見える。天保11年「姶良名勝誌」によれば,姶良郷は上古より町村・浅井村・荻原田村の3か村であったが,のち上名村・下名村の2か村となった。しかし御用不便のため延宝年中,町村は上名村に,浅井村は麓村に,荻原田村は下名村と定められたという。村高は安永3年姶良郡高辻一紙総帳では2,187石余(杉木家文書/吾平町誌),「天保郷帳」では浅井村と見え,583石余,「姶良名勝誌」では2,297石余,「旧高旧領」では2,307石余。安永3年姶良郷高辻一紙総帳によれば,田畑屋敷208町余,門数67・屋敷数6,人数910。「姶良名勝誌」によれば竈数255・人体2,307。総鎮守は正若宮八幡宮で,長久4年平判官良宗(平季基の弟)によって建立されたという(吾平町誌)。しかし明治初年同社を上名村に移し,その跡地に上名村の鵜戸【うと】神社を移し奉祀した。幸田寺は正若宮八幡宮の別当寺で,開基年月は不明であるが,寛文のころ36石で,郷内で最も格式の高い寺であった(吾平町誌)。当村のほぼ中心にある麓集落は江戸初期,中世の郷政の中心であった筒ケ迫城をはなれ,土地高燥で広く,水にも恵まれ,交通の便利な山古城の下に計画的につくられた政治都市で,政庁(御仮屋)を中心に士族屋敷が整然と並んでいた。麓に近接して野町があり,油屋・小間物屋・薬屋などがあり,百田紙・木綿・筵・焼酎・油・薬など種々の商品を扱い,郷の交易の中心となっていたが,7軒ほどの小町であった。明暦・寛文期に中新田溝・東新田溝・西新田溝の大用水路ができ,当村では上名村・下名村とともに大々的な水田開発が行われ,その労力として西目【にしめ】(薩摩半島)から明治初年まで移住が行われた。明治17年姶良郷3か村を統轄する戸長役場が当村に置かれた。同18年戸数276・人口1,160(田野辺文書)。同22年姶良村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463279
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ