ケータイ辞書JLogosロゴ 別府村(近世)


鹿児島県>頴娃町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国頴娃【えい】郡頴娃郷のうち。享保11年御領【ごりよう】村から分村して成立。村高は「旧高旧領」では1,930石余。庄屋役所は松永に置かれ,松永から別府台地に放射状の道ができた。文政7年の「旧跡帳」によれば,高1,901石,竈数647うち郷士105・寺3・百姓539,人数3,718うち郷士659・寺1・百姓3,058。石垣浦は,高59石,人家83・人数439で別府村・御領村・牧之内村の取納蔵があった。小川浦は,高5石,人家9・人数44。成浦は,高13石,人家10・人数58。水成川【みなりがわ】浦は高30石,人家35・人数243で,遠見番所には異国方御用の郷士が2人ずつ勤番した。大川浦は,高99石,人家75・人数497,頴娃唐松御牧(新牧)はもと御領村のうちの別府方限へ元禄6年召立てられていたが,明和2年大山野地・溝下見掛地となった。なお各浦の高は別府村高のうちに含まれている。「県地誌」によれば,田7町4反余・畑1,032町余・宅地52町余・林355町余・草生地34町余,戸数927,うち士族109・平民815・社3。人口4,154,うち士族437・平民3,717。牛258頭・馬290頭。和船98艘,うち500〜200石5,200〜50石20,漁船68,荷船5。戸長役場は村の南にあった。公立学校4,生徒数男297・女62。民業は,農業のほか,工業17戸,商業66戸,漁業104戸。産物に麦・粟・ソバ・麻・菜種子・甘藷・製茶・甘蔗・煙草・鯖・雑魚がある。明治14年上別府村を分村。明治22年頴娃村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463316
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ