ケータイ辞書JLogosロゴ 牧之内村(近世)


鹿児島県>頴娃町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国頴娃【えい】郡頴娃郷のうち。村高は,「天保郷帳」では1,528石余,「旧高旧領」では1,742石余。庄屋は芝原にあった。元禄11年の「里改帳」によれば,高955石,竈数222戸,うち衆中8・百姓214。取納蔵があったが,貞享元年御領村大川浦へ移された。頴娃野に御牧がある。赤崎トンネルは元禄5年新田開発のため作られた新溝である。文政7年の「旧跡帳」では,高1,665石余,竈数357戸うち郷士23・寺2・百姓332,人数2,438うち郷士104・寺1・百姓2,333(旧跡帳)。「県地誌」によれば,田55町余・畑769町余・宅地41町余・林564町余・山林119町余・秣地20町余・柴生地12町余・芝草生地9町8反余・草生地42町余。戸数628,うち士族26・平民600・社2。人口2,411うち士族130・平民2,281。牛270頭・馬338頭。漁船8艘。戸長役場・公立小学校は村の中央にあり,生徒数男59・女1。民業は農業のほか,工業14戸,商業13戸,漁業6戸。産物は米・大麦・裸麦・粟・甘藷・製茶・煙草・菜種子。明治22年頴娃村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463357
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ