ケータイ辞書JLogosロゴ 宮之城郷(近世)


鹿児島県>宮之城町

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国伊佐郡のうち。はじめ北郷氏領,慶長5年からは鹿児島藩宮之城島津氏領,外城の1つ。歴代領主名は尚久―忠長―久元―久通―久竹―久洪―久方―久倫―久亮―久濃―久郷―久儔―久中―久宝―久治―長丸。当郷は宮之城(屋地)・平川・湯田・時吉・虎居(虎井)・船木(舟木)・柊野【くきの】(久木野)・求名【ぐみよう】の8か村からなる。なお,「郡村高辻帳」ではこのほか平木場村も見え9か村としている。紫尾山の南麓に位置する柊野村は飛地である。地頭(領主)仮屋は屋地村に置かれ,周囲に麓が形成された。「薩藩政要録」では,家中士惣人数2,476,家中士人体1,221,所惣高8,709石余,家中高4,167石余,寺高475石余,用夫771,野町用夫82。また,同書「宗門手札改」では,家来総人数2,442。百姓3,856,野町318,足軽以下2,230,その他354。「要用集」では,家中士総人数2,521,家中士人体1,312,所総高8,755石余,家中高3,963石余,寺高494石余,用夫1,091,野町用夫106。野町は慶長元年,当時の領主北郷時久が五日市・時吉・北原・子捨などの商人を宮之城下の五段田に集めて市町としたのに始まる(宮之城記・祁答院記)。現在の豊川(大道寺川)沿いに当たり,のち上町・下町,幕末には上町・仲町・下町に分かれる。野町では享保20年創建の八坂神社を祀り,3町が交代で祇園祭を掌ったと思われる(宮之城町史)。明治になって県道が通ってからは,県(国)道沿いに移転する。川内川は虎居村と時吉村の間で滝をつくり「轟」と呼ばれ,それより上流に船を通すことはできなかったが,領主島津久通が川内川の開削を計画し,天保13年藩が主導する形で工事が完成し,曽木まで船の運行が可能となった。屋地・船木村の東部山間に,中世から江戸初期にかけて周囲3里余の九尾野牧が置かれた。馬追の式は川内川を渡った虎居村,あるいは船木村の街道で行われたという(三国名勝図会)。船木村の苙ノ元という地名は,この馬追の苙に関係する。物産として,麻苧・紙・椎茸・馬・鮒・鯉などがある(同前)。版籍奉還で領主島津久治は1万5,755石余を奉還し,1,500石の世禄をうけた。明治4年鹿児島県に所属。同20年からは南伊佐郡のうち。明治4年牛山(大口)郡治所の管轄下となる。のち,第2支庁,第41大区の管轄を経て,同12年薩摩・伊佐・菱刈の3郡を管轄する郡役所が当郷屋地村に置かれた。同24年から当郷は薩摩郡隈之城郡役所の管轄下となる。連合戸長役場は屋地村に設置された。「地理纂考」によれば,戸数2,017・人口8,608。「県地誌」によれば,戸数2,081・人口8,833(士族3,622・平民5,211)。明治22年当郷8か村は宮之城村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463483
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ