ケータイ辞書JLogosロゴ 百引郷(近世)


鹿児島県>輝北町

 江戸期〜明治22年の郷名。大隅国肝属【きもつき】郡のうち。文禄検地後百引1,756石余,平房の内80石は,伊集院忠棟知行分8万余石の中に含まれていたが,庄内の乱で伊集院氏失脚した後は,鹿児島藩直轄領。外城の1つ。慶長19年に当郷が創設され,元和元年仮屋が平房村の加瀬田城から,堂籠【どうごもり】に移され,吉田六郎右衛門が地頭となった。元禄11年「百引道乗帳」では,当郷は西原(上百引)・南方(下百引)・平房の3か村であったが,後,百引・平房の2か村となっている(輝北町史)。「薩藩政要録」では,地頭長束市郎右衛門,郷士惣人数308,郷士人体190,所惣高3,238石余,郷士高978石余,寺高4石余,用夫268。「要用集」では,地頭二階堂源太夫,郷士総人数312,郷士人体198,所総高3,313石余,郷士高986石余,寺高4石余,用夫282。「地理纂考」によると,高3,318石余,戸数565・人口2,334。明治2年高崎豊麿(正風)が地頭となり,垂水【たるみず】・桜島・百引・市成の各郷を兼ねて治めた。同3年百引麓立ての計画を立て,1番郷より6番郷まで郷士を配置して,仮屋を堂籠から西原城に移した。当時の士族戸数130。街道は隣村野方より下百引竹下・百引麓から牛根峠を越えて牛根二川に出る道と,百引・市成仏山・牧之原または牛根村境に出る道とがあった(輝北町史)。西南の役には郷内各地で激戦があり官軍が敗退している。明治4年鹿児島県,都城県を経て,同6年再び鹿児島県に所属。明治5年垂水郡治所の管轄,同12年大隅郡垂水郡役所の管轄となる。同17年百引村が上百引村・下百引村に分村。同20年には肝属郡鹿屋【かのや】郡役所管轄となった。同22年百引郷3か村は百引村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463535
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ