ケータイ辞書JLogosロゴ 屋地村(近世)


鹿児島県>宮之城町

 江戸期〜明治22年の村名。薩摩国伊佐郡宮之城郷のうち。江戸初期には宮之城村と呼ばれ,「元禄郷帳」「天保郷帳」にその影響が見られるが,のち屋地村と呼ばれるようになる。「御秘文雑集」では,文禄4年祁答院に移封された北郷時久の所領のうちに宮之城村が見え,その坪付は452石余(ほか仮屋屋敷1石3斗余)とある。そのほか村高は,「天保郷帳」では宮之城村として453石余,「旧高旧領」459石余。宮之城郷の地頭(領主)仮屋は当村に置かれ,周囲に麓が形成されるとともに,現在の豊川(大道寺川)沿いに野町も形成された。この野町は,慶長元年当時の領主北郷時久が五日市・時吉・北原・子捨などの商人を宮之城(もと虎居城)下の五段田に集めたことにはじまり(宮之城記・祁答院記),のち上町・下町,幕末には上町・仲町・下町の3か町に分かれる。また,享保20年創建の八坂神社を祀り,3町が交代で祇園祭を掌ったといわれる(宮之城町史)。明治になって県道が通ってからは,県(国)道沿いに移転する。東部山間には,中世から江戸初期にかけて周囲3里余の九尾野牧が置かれ,多数の馬が放牧された(三国名勝図会)。寺社には,正保元年島津久通の建立でのち焼失,明和3年再建され寺領105石をもつ臨済宗大道寺,慶長19年島津久元の建立という真言宗多宝寺,同宗薬師院,総廟である松尾大明神社,薬師院境内の諏方上下大明神祠,慶長19年島津久元が東郷から遷座したと伝える愛宕山大権現祠,天満宮などがある(同前)。「県地誌」によれば,戸数540(うち商家104戸),人口2,266(士族1,144・平民1,122),牛3・馬154,舟30,用水1(長さ2町,水田1町5反余を灌漑),小学校は中央部にあり生徒数男139・女80,宮之城警察分署・4等郵便局がともに中央部にあり,物産としては米・糯米・陸米・裸麦・粟・蕎麦・小麦・大豆・甘藷・実綿・麻・葉煙草・楮皮など。明治22年宮之城村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463555
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ