ケータイ辞書JLogosロゴ 山崎郷(近世)


鹿児島県>宮之城町

 江戸期〜明治22年の郷名。薩摩国伊佐・薩摩両郡のうち。はじめ山崎村1か村として祁答院に属し,北郷氏領。同村は慶長5年から宮之城島津氏領となり,宮之城島津忠長の1,000石加増の中に,「増封,祁答院山崎村七百二十七石二斗余」と見える(島津国史)。慶長19年伊佐郡大村郷に属する久富木村が,同郷が藩直轄領から日置島津氏領に移る際に同郷から分かれ,山崎村とともに山崎郷を形成。以後,当郷は鹿児島藩直轄領,外城の1つ。寛永16年の薩摩国外城37か所の中に当郷が見える(旧記雑録)。明暦2年それまで薩摩郡東郷に属した二渡・白男川・泊野の3か村が同郷から分かれ,当郷に加わり,以後,当郷は山崎・久富木・二渡・白男川・泊野の5か村からなる(宮之城町史)。ただし,江戸期を通じて,山崎・久富木の2か村は伊佐郡,二渡・白男川・泊野の3か村は薩摩郡にそれぞれ属した。地頭仮屋は山崎村に置かれ,郷士集落としての麓のほか野町が川内川付近に形成されていた。野町には10数戸の店が立ち並び,宿場もあってにぎわったらしい。また,恵比須を祭り連帯感を強めたという。「薩藩政要録」では,地頭橋口今彦,郷士惣人数274,郷士人体112,所惣高4,725石余,郷士高602石余,用夫954,野町用夫14。「要用集」では,郷士総人数293,郷士人体116,所総高4,828石余,郷士高763石余,用夫1,019,野町用夫17。物産には,煮扱苧・鉄引にした麻,久富木村の法円寺山茶のほか,枳殻・雉・山鶏・鳧【かも】・野猪・兎・狸・鯉・鮒・川鰕などがある(三国名勝図会)。明治4年鹿児島県に所属。同20年から山崎・久富木の2か村は南伊佐郡のうち。大区小区制(第40大区),支庁制(第2支庁)などを経て,明治12年宮之城郡役所,同14年からは隈之城郡役所の管轄下となる。連合戸長役場は山崎村東部に置かれた。「地理纂考」によれば,高4,831石余,戸数948・人口3,965。「県地誌」によれば,戸数983・人口4,462。明治22年当郷5か村は山崎村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463568
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ