ケータイ辞書JLogosロゴ 米丸名(中世)


鹿児島県>蒲生町

 鎌倉期〜戦国期に見える名田名。大隅国蒲生院のうち。建治2年8月日付の大隅国在庁石築地役配符に,蒲生院のうちとして「米丸十七丁七段〈加神田寺田万徳定,除貢進田九反〉郡司伊賀房行公」と見え,郡司伊賀房行公の所領となっている。次いで弘安10年7月日付宮侍守公神結番次第に「六番蒲生米丸 蒲生西俣三郎 大宮司」と見える(調所氏譜祐恒伝/旧記雑録)。室町期には永享6年2月1日付平田氏宗寄進状に「帖佐浜益田村内御供田六段,蒲生米丸内四段,以上一町」とあり,米丸名内の地4反が,島津忠国の家老平田氏宗によって,沢氏を通して国分正八幡宮へ寄進されている(宮内社司沢氏文書/同前)。文明19年2月18日には島津氏老臣連署になる蒲生院坪付が田代刑部少輔に与えられているが,そこには「米丸名山ミこノ門」田地8筆3町弱・畠2筆1町4反の坪付が示されており,かり水・せと口・無量寺前・いちこ町・野中田・むたそひ・へたの前・ひやく牟田・うの木・六反畠という小地名が見える(田代家文書写/県史料拾遺)。このうち野中田・むたそひ(牟田添)などは,蒲生町米丸地内の字名に残存している。下って戦国期の蒲生合戦の折には,蒲生城の支城松坂城が地内松坂にあり,同城をめぐる両軍の攻防があった。「長谷場越前自記」天文24年11月18日条に「城主中村父子三人を始として敵数十人被打取,則城を攻落し」とあるが,「山本氏日記」弘治2年10月19日条には「此日打とられ候敵,松坂の地頭中原加賀父子三人」とあり,「県史」は,落城のときを弘治2年10月,城将を中村父子とする。また,「山本氏日記」弘治3年3月15日条に「従是青色野と云ところにあひつノ火をふすへられ候」と見え,蒲生方の松坂城・北村城および本城たる蒲生城を一望のうちに収め得る青色野(現在は青敷,頂上275.8m)の地が,島津勢に利用されている(旧記雑録)。その後「上井覚兼日記」天正2年11月9日の条に,「北村・米丸名両触役人」とあって,この時の地頭は比志島国真であった。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463692
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ