ケータイ辞書JLogosロゴ 伊祖村(近世)


沖縄県>浦添市

 王府時代〜明治41年の村名。中頭【なかがみ】方浦添間切のうち。「高究帳」では,ゑぞ村と見え,高頭276石余うち田127石余・畑149石余。宿道沿いの集落で,「正保三丙戌年絵図帳之写シ」に「西海道……西原間切堺より浦添間切之内ゑそ村壱里山迄弐十壱町」と見える。乾隆5年(1740),村が狭く立地条件が悪いことから,真久原の一画へ集落を移した(球陽尚穆王36年条)。同所が,現在残る伊祖古島である。しかし真久原では,病人が相次いで出て,人口も減少する傾向があり,その上旧地の近くにある水田が遠くて管理が行き届かず,収穫があがらないことを理由に,同52年もとの集落地に再移動した(同前)。拝所に伊祖ノ嶽(弐御前)・伊祖之殿があり,浦添ノロの祭祀(由来記)。現在でも,伊祖城跡の全域を伊祖ノ嶽という(浦添市史4)。伊祖之殿では,稲二祭に花米・神酒などを伊祖地頭および村内の百姓が供える(由来記)。「旧記」に見える6つの泉井のうち,前之井は若水・産水・死水をくみ,柴木井ではノロが身を清め,立津井は別名伊祖井といって天人の降りた井と伝える。明治6年の脇地頭の作得は7石余(県史14)。同12年沖縄県,同29年中頭郡に所属。明治13年伊祖掟の役俸は米9斗余・雑穀1石余(県史12)。当時の地割方法は,年齢に関係なく人頭割りであった(地割基準一覧)。同26年の「石高村別台帳」では百姓地103石余・請地1石余で計104石余,惣頭は52人(浦添市史2)。戸数・人口は,明治13年76・368(男186・女182),同36年111・523(男276・女247)うち士族19・119。明治36年の民有地総反別76町余うち田5町余・畑41町余・宅地5町余・山林16町余・原野6町余(県史20)。同41年浦添村の字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463879
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ