ケータイ辞書JLogosロゴ 内間村(近世)


沖縄県>浦添市

 王府時代〜明治41年の村名。中頭【なかがみ】方浦添間切のうち。時期は未詳だが,安謝村が改称して成立。村名は,「絵図郷村帳」などに見えず,「由来記」に記され,拝所に安謝之大ヒヤノ殿があり,沢岻ノロの祭祀。なお,「由来記」には内間・安謝の両村が見えている。明治10年の2度目の一向宗法難事件で,5名が検挙された(県史12)。明治6年の内間里主の作得は9石余(県史14)。同12年沖縄県,同29年中頭郡に所属。明治26年の「石高村別台帳」では百姓地105石余・請地2斗余・仕明地3石余で計109石余,惣頭は65人(浦添市史2)。戸数・人口は,明治13年88・395(男206・女189),同36年112・493(男223・女270)うち士族19・88。明治36年の民有地総反別62町余うち田2町余・畑47町余・宅地3町余・山林5町余・原野3町余(県史20)。同41年浦添村の字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7463968
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ