ケータイ辞書JLogosロゴ 大浦村(近代)


青森県>弘前市

 明治22年〜昭和30年の中津軽郡の自治体名。賀田・熊島・高屋・横町・八幡・鼻和・植田の7か村が合併して成立。旧村名を継承した7大字を編成。役場を賀田に設置。明治24年の戸数356・人口2,436,厩202,学校1,水車2(徴発物件一覧)。同25年大浦簡易小学校が大浦尋常小学校と改称。同34年大浦村農会が設立された。同44年の戸数456・人口2,988,うち農家戸数381・農家人口1,139。同年の重要物産は米・細工・藁細工・竹細工・清酒・蔬菜など(中津軽郡統計書)。大正9年の世帯数491・人口2,746,うち職業別人口は農業1,805,水産業1,工業402,商業229,交通業58,公務・自由業91,その他160。以後昭和15年の世帯数566・人口3,382,同25年の人口4,110。昭和22年大浦中学校が開校,同24年には岩木中学校・鳥井野中学校と合併して津軽中学校となる。昭和23年大浦小学校校舎を仮用して,県立弘前工業高校・県立弘前女子高校両校管轄の大浦分校が発足。同26年船沢村との間で境界変更が実施され,鼻和の一部が弘前市の大字となる。同30年岩木村の一部となり,7大字は同村の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615008
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ