ケータイ辞書JLogosロゴ 駒越(近代)


青森県>弘前市

 明治22年〜現在の大字名。はじめ駒越村,昭和30年岩木村,同36年からは岩木町の大字。駒越村役場が置かれた。明治24年の戸数93・人口784,廐35,学校1,水車1(徴発物件一覧)。百沢街道の渡船場があったが,岩木橋が架けられてからは単なる通過地になり,特別な発展は見られなかった。同25年駒越簡易小学校が駒越尋常小学校となり,大正9年一町田尋常小学校を併合。昭和22年駒越中学校を併設した。同47年小学校は鳥井野・岳暘・大浦の小学校と統合して岩木小学校となり,中学校は津軽中学校に合併した。同53年には町立津軽高校が県立に移管となり,岩木高校として発足した。昭和31年一部が弘前市へ編入し,同32年に南袋町・樋の口町・河原町となる。同39年駒越簡易郵便局が開設。バスが百沢方面との間を往復し,さらに最近隣接する弘前市藤代に弘南バスの発着所が設置されて,交通の便が良くなった。世帯数・人口は,昭和40年123・609,同50年142・595。耕地面積の推移は,昭和45年田3,959a・畑159a・樹園地205a,同55年田3,336a・畑101a・樹園地375a。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615022
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ