ケータイ辞書JLogosロゴ 八幡館村(近世)


青森県>弘前市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡平賀庄のうち。枝村に鯖石村があったが,享保11年に分村した(村名改称并新村創立調)。弘前藩領。寛永17年の津軽百助宛3代藩主津軽信義黒印知行宛行状に当村名が見える。村高は,「正保高帳」141石余(うち田方131石余),「寛文高辻帳」141石余,「貞享4年検地水帳」では枝村の鯖石村を除き514石余(田475石余・畑屋敷39石余),「寛保高辻帳」141石余,「天保郷帳」527石余,「旧高旧領」558石余。集落は,羽州街道から分かれて黒石を経て浪岡村へ至る東根小道(乳井通)沿いに発達する。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「宮本・泉田・浅瀬渕・広田」があり,反別は田42町1反余・畑屋敷10町9反余(うち屋敷9反余)の計53町余,このうち田は上田から下々田まで,畑は上畑から下々畑まで設定されていた。ほかに鷹待場とされる留山5か所があり,漆木は1,128本。元禄3年には大鰐組に属し,村位は上(平山日記)。村内の寺社は,「貞享4年検地水帳」によれば,善大夫抱えの観音堂と八幡社があった。このうち観音堂は現在字水入にある観音堂を指し,境内には徳治2年の紀年銘を持つ板碑がある。また八幡社は地内古館にある八幡宮を指し,祭神は誉田別命・天照大神・建速素佐之男命,草創は不詳だが,元和元年に村中で再建したという。「国誌」によれば,同宮は明治6年乳井神社に遷座し,相殿として祀られている。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年南津軽郡に属す。明治初年の戸数62,うち支村6,村況は「土地高く日受よく,土性宜く五穀豊なり。農隙には又薪炭を売て産とす」と見える(国誌)。なお支村の鯖石は,享保11年まで当村の枝村であった鯖石村とは別村。同10年の八幡館小学を開設,同12年の教員数は男2,生徒数は男65・女2(明治12年公学校表)。同12年の「共武政表」によれば,戸数65・人口434(男215・女219),馬54,物産は米・糯米。同22年石川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615034
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ