ケータイ辞書JLogosロゴ 鼻和村(近世)


青森県>弘前市

 江戸期〜明治22年の村名。津軽郡鼻和庄のうち。弘前藩領。枝村に山科村があったが,享保11年に分村した(村名改称并新村創立調)。村高は,「正保高帳」「寛文高辻帳」ともに249石余,「貞享4年検地水帳」では枝村の山科村を除いて563石余(田482石余・畑屋敷81石余),「寛保高辻帳」249石余,「天保郷帳」551石余,「旧高旧領」588石余。「貞享4年検地水帳」によれば,小字に「西田・ひら岡・岩井」があり,反別は田48町2反余・畑屋敷20町余(うち屋敷地9反余)。元禄3年には高杉組に属し,村位は中(平山日記)。地内に馬頭観音堂があったが,明治初年の神仏分離令により廃絶し,その後復活して保食神を祀り保食神社と改めた。同社の境内にあるエゾエノキは樹齢600年といわれ,津軽地方で最大最古のものとされる。明治4年弘前県を経て,青森県に所属。同11年中津軽郡に属す。明治初年の戸数37(国誌)。同9年頃山科村を合併。同9年鼻和小学を開設,同12年の教員数は男2,生徒数は男65(明治12年公学校表)。同校は当村のほか植田村・山科村・細越村・小島村・鶴田村・三森村・蒔苗村を学区とした。同年の「共武政表」によれば,戸数50・人口338(男171・女167),馬52,物産は米・大豆・粟・麻。同21年鼻和小学校が廃校となり,同校の生徒は大浦小学校や富栄小学校へ通学した。同22年大浦村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615036
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ