ケータイ辞書JLogosロゴ 目谷郷(中世)


青森県>弘前市

南北朝期〜室町期に見える郷名鼻和郡のうち建武2年正月26日の北畠顕家国宣写に「可令早工藤中務右衛門尉貞行領知,津軽鼻和郡目谷郷〈工藤右衛門尉貞祐法師跡〉外浜野尻郷等事,右為勲功賞所被宛行也」と見え,鎌倉末期に工藤右衛門尉貞祐法師が当郷の地頭代に補任されていたが,元弘の没収地となった後,工藤貞行に充行われた(新渡戸文書/岩手県中世文書上)貞行は,元弘3年末から建武元年にかけての大光寺合戦に朝廷方として参加し,幕府残党を討った貞行が当郷を充行われたのはこの功によるものである貞行の所領は,その後家しれん尼と南部信政に嫁した加伊寿御前に伝領され,さらに興国5年2月13日しれん尼は嫡孫力寿丸(南部信光)に所領を譲渡したので,当郷は南部氏の支配下に入った(遠野南部文書/岩手県中世文書上)正平15年6月5日南部信光は北畠顕信から目谷郷を安堵されている(同前)下って,室町期には,永享4年6月27日源家行が天台寺(現岩手県浄法寺町)に「目谷内目谷川・田代二ケ村」を寄進した(旧蹟遺聞/岩手県中世文書下)現在の西目屋村と弘前市国吉・桜庭・米ケ袋・中野・中畑など(旧東目屋村)の地域に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615039
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ