ケータイ辞書JLogosロゴ 岩崎村(中世)


福島県>喜多方市

南北朝期〜室町期に見える村名耶麻【やま】郡のうち永和2年閏7月5日の正秀寄進状(示現寺文書/県史7)に「陸奥国会津那(耶カ)摩郡岩崎村」とあるのが初見で,村内の「宇津野・坊平・水沢」を熱塩村示現寺に寄進しているまた応永2年6月13日の太郎丸(蘆名)盛次寄進状(同前)には「那摩郡岩崎村」とあり,両親の菩提を弔うため,村内の「在家四間」を示現寺に寄進している小田付組土地帳および「新編会津」によれば,当村は天正18年,上岩崎・下岩崎・宮前の3か村に分かれ,岩崎村の中心を上岩崎村と称するようになったという会津地方北部,現在の喜多方市北東部一帯と熱塩加納村東部の一部に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615192
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ