ケータイ辞書JLogosロゴ 栗山新田(近世)


茨城県>猿島町

 江戸期〜明治22年の村名。下総国岡田郡のうち。栗山村新田ともいった。はじめ栗山村の村請新田の形で始まったが,同村村民の多くが新田開発に消極的であったため,同村名主請新田の色彩が濃かった。幕府領。村高は,享保13年190石余(飯湖新発記),「旧高簿」204石余。「天保郷帳」「旧高旧領」では栗山村の村高に含まれ村名は見えない。用水は享保10年からは吉田用水分水と仁連川悪水を利用。鎮守は香取社。家数・人数は,明和6年17・89,安永3年20・89,寛政6年20・109,享和元年20・117,文化14年20・132,嘉永4年23・162,文久2年24・170。天保9年農間渡世書上帳によれば,高204石余,家数22(うち農業一統渡世19・農間商い渡世3)・人数130(県史料近世社会経済編)。明治8年茨城県,同11年岡田郡に所属。明治22年飯沼村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615276
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ