ケータイ辞書JLogosロゴ 萱野村(近世)


群馬県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。邑楽郡のうち。はじめ館林藩領,天和2年旗本青山・久留島・大久保・土岐・山岡・水野氏の相給となり,明治元年山岡・大久保・水野・土岐氏の相給。寛永初年当村の原野を武蔵忍城主の後裔という松沢織部が開拓し,以後移住者が増して一村となり,野辺村と称したという。検地は天正19年田畑合わせて64町歩余(上五箇村外四ケ村村誌/小池家文書)。村高は「寛文郷帳」922石余うち田方659石余・畑方262石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,136石余。村の規模は東西18町余・南北10町余(県邑楽郡町村誌材料)。助郷は日光社参に例幣使街道へ,また日光道中の中田・栗橋宿への出役があった(船越家文書)。鎮守は白山神社で氏子131戸(上五箇村外四ケ村村誌/小池家文書)。寺は曹洞宗洞源寺。水利は赤岩村から鎌田堀を用い(県邑楽郡町村誌材料),利根加用水を利用していた。利根川の水害を被ることが多く,寛保2年洞源寺本堂とその他の建物が流失,天明6年耕地は砂礫と化し,弘化3年耕地の砂石氾濫25町余,安政6年の被害は甚大であった。元禄12年悪水排除のため大輪沼周辺12か村と近郷村々の助人足合わせ延べ6万人で谷田川拡張工事があり,この時沼回り村として人足を最高の6,300余人を出した(須永家文書)。また,文化年間江戸芝居を,天保年間には本朝二十四孝など上演。嘉永年間・安政年間には江戸相撲があった(船越家文書)。幕末の改革組合村高帳によれば,小泉村寄場組合に属し,6給の村で高1,036石余,家数104。明治4年館林県,栃木県を経て,同9年群馬県に所属。明治7年公立小学校東寧分校を洞源寺を仮用して設立,生徒数30,同年11月独立して忍耐学校となり,生徒数男112・女18。同21年の「名称区域」では戸数124・人口760。また同書の三野谷村の項に萱野村飛地6字分が記されており,その戸数4・人口16。物産は米・麦・大豆・小豆・ソバ・藍・木綿など(上五箇村外四ケ村村誌/小池家文書)。同22年富永村・三野谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615448
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ