ケータイ辞書JLogosロゴ 神代郷(古代)


千葉県>干潟町

 平安期に見える郷名。「和名抄」下総国海上郡十六郷の1つ。「地理志料」によれば「神代」とは「神稲代」を改めたもので,神に供する稲田の地で香取神宮の邑であったといい,また「上代米」といわれる良米を出していたという。現在の東庄【とうのしよう】町大久保・舟戸・神田から干潟町桜井・萬歳などにかけての一帯と推定される(地名辞書・地理志料)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615589
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ