ケータイ辞書JLogosロゴ 大島新田(近世)


新潟県>燕市

 江戸期〜明治22年の新田名。蒲原郡のうち。鵜森村を親村として元和4年に開発立村した新田村(三条市史上)。新発田【しばた】藩領。村高は,「正保国絵図」210石余,「元禄郷帳」341石余,「天保郷帳」454石余。寛文7年の家数50・人数366(新発田図書館所蔵文書)。元和2年開基の浄土真宗山香寺がある。明和3年の反別67町余(同前)。安永7年中ノ口川の付州の萱刈取権をめぐり対岸の小高村と紛争がおこり,同9年幕府裁許の結果小高村の帰属となった(三条市史資料編3)。幕末頃から桃などの果樹栽培が行われる(三条市史下)。文政11年の三条地震では,潰家16・半潰6・小破4,即死1人の被害を出した(三条市史研究3)。明治8年大島新田新田を合併。同12年南蒲原郡に所属。同22年の戸数123・人口464。同年大島村大島となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7615932
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ