ケータイ辞書JLogosロゴ 須頃村(近世)


新潟県>燕市

 江戸期の村名。蒲原郡のうち。三条島ノ城とも呼ばれた三条城には,慶長3年堀秀治の越後入封と同時に一族の堀直政(5万石)が入り,その後同17年松平重勝が入る。元和2年市橋長勝は三条藩を立藩したが,同年から始まった現三条市元町付近への三条城の移転により,当地は旧城下地域となり,急速に衰微する。その後,元和9年幕府領,慶安2年村上藩領となる。村高は,元和6年三条御引渡郷村帳11石。寛文年間頃に上須頃村と下須頃村とに分かれた。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7616004
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ