ケータイ辞書JLogosロゴ 西市場村(近世)


愛知県>清洲町

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国中島郡のうち。当村によって春日井郡清洲村に新田が開発され西市場分と称した。同村の開発に伴い集落の移転が行われたと思われ,「寛文覚書」では,「百姓居屋敷ハ清須高之内」とあり,「徇行記」では「昔時ヨリ民戸清須西市場分迫間分ノ地所ヲ借テ居住スト也」とある。当村と清洲村西市場分の結びつきの強さが判明する。尾張藩領。清洲代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに283石,「旧高旧領」405石余。「寛文覚書」によれば,概高は405石余,田16町余・畑2町余,清洲宿の助郷村。「徇行記」によれば,一円給知で石川多仲ら給人8,家数38・人数147。明治12年,清洲村の一部反別13町余,戸数38・人口120が当村に編入し,当村の一部反別5町余,戸数10・人口49が清洲村の一部となる。明治22年市田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7616744
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ