ケータイ辞書JLogosロゴ 本分村(近世)


福岡県>上陽町

 江戸期〜明治22年の村名。筑後国上妻郡のうち。はじめ柳川藩領(田中氏),元和6年からは久留米藩領。本分組に属す。村高は,「元禄国絵図」684石余,「在方諸覚書」の古高1,140石余,「天保郷帳」1,037石余,「旧高旧領」2,642石余。大庄屋の所在地で,本分組は1町14か村の中心地であった。松浦嘉右衛門は,明和3年21歳で本分組大庄屋になり,文化11年病没するまで49年間その職務にあり,この間,正徳4年開設の黒木堰の新廻水路の築構により上妻郡西部・三潴【みずま】郡・山門【やまと】郡に多大な利益をもたらしたのをはじめ,田本村より湯辺田村に至る岩壁の道を矢部川沿いにつけ替え,素盞嗚神社の石垣を築いて境内を広げ,北川内村の正明寺を創立した。また本分組租税のうち廻米400俵分の金納許可を得た。寛政元年茶屋宗左衛門(松尾氏)は藩命により米札を発行。文化4年の本田61町2反余・開田1町7反余・畑田35町6反余・畑68町5反余・居屋敷2町3反余,春免高1,838石(農政農民史料集)。藩主菩提寺の梅林寺の第7世滔天玄鱗(真木氏),同第9世憲幢威烈(加藤氏),元治元年真木保臣ら17人とともに天王山で自刃した勤王の士の一人松浦八郎らは当村出身。南本分築地の窪にある築地御前霊社は,黒木城初代城主源助能の正妻春日局とともに矢部川剣淵に入水自殺した紅梅・濃君の3体を祀った社である(黒木物語・悲恋の自殺)。明治11年の耕宅地231町歩・戸数380・人口1,816。明治初年東鶴の小川粂太郎が塾を開く。同9年本分・田本・土窪3か村で本分小学校を設置,同20年上峰小学簡易科と上峰尋常小学校を設立。当時の学齢児童数男45・女44の計89,就学児童数は男20・女8の計28で,就学率31%。明治22年豊岡村本分・北川内村久木原となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7618093
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ