100辞書・辞典一括検索

JLogos

清盛(きよもり)の 医者は裸で 脈(みゃく)をとり
【きよもりの】


〔〔川柳〕〕〈柳多留(やなぎだる)・初〉[訳]「平清盛を診察した医者は、清盛の熱があまりに高いため、自らも裸になって脈をとることだ」<参考>清盛が高熱を発し、亡くなったことをふまえたもの

全文を読むにはログインが必要です。

会員登録後も角川地名大辞典が見れない方はこちら




東京書籍
「全訳古語辞典」
JLogosID : 5077116