100辞書・辞典一括検索

JLogos

62

塞翁が馬
【さいおうがうま】



【故事】故事

【解説】
人生では何が幸せになるか、何が不幸せになるかわからないというたとえ。
中国北辺の塞の近くに住む塞翁という老人の馬が逃げたが、やがて駿馬を連れて帰ってきた。塞翁の息子がこの馬から落ちて足を折ってしまったが、そのために兵役を免れて命を長らえたという故事による。
【出典】淮南子。
【同義語】人間万事塞翁が馬
【類義語】禍福は糾える縄の如し沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり楽は苦の種苦は楽の種




あすとろ出版
「故事ことわざの辞典」
JLogosID : 5551132