100辞書・辞典一括検索

JLogos

51

自分の想いを素直に話す


【至言】
『心掛けているのは、自分が伝えたいと思うことだけを話すこと。』田 明 ジャパネットたかた社長

【解説】
 顧客のみならず、部下や同僚、上司、家族に自分の想いが伝わらないと悩んでいる人は、自分が心底伝えたいと思っていることだけでなく、余計なことまで語っている可能性がある。利害関係や恋愛感情がある相手を除いて、多くの人は赤の他人の話にはさほど関心がない。そんな相手の心を開くには、話す内容を絞り込み、自分の言葉で素直に伝えることがまず大切、というのが、ジャパネットたかたの田明社長の考え方だ。
 実際、テレビショッピングでのセールストークでは饒舌な田社長だが、雑誌のインタビューや、日ごろの部下とのコミュニケーションでは、驚くほど物静かで、言葉を選んで会話をする。「他人や専門家の受け売りでない、どうしても伝えたい自分の想い」を熱意を込めて語りかけることが、第三者に気持ちを伝えるための最初の一歩になると思っているからだ。
【チェックポイント1】
□ いろいろなことを話しても相手の印象には残らない。
【チェックポイント2】
□ 相手の心を開くには、他人や専門家の受け売りでなく、自分の想いを語るべし。
【チェックポイント3】
□ 自分が伝えたいと思う情報以外は、さして伝える必要のない情報である。




(c)日経BP社 2008
日経BP社
「心にとめておきたい名経営者の至言」
JLogosID : 8516644