100辞書・辞典一括検索

JLogos

83

借方
【かりかた】


Debit Side

複式簿記では取引が二面性を持つ点に着目して、勘定科目と金額を左右に分けて仕訳を行っている。この場合、左側で処理される科目と金額を借方と呼び、一般的には資産の増加、負債の減少、純資産の減少および費用の発生を計上する。また、資産、費用の残高をいう場合もある。一方、右側で処理される科目と金額を貸方という。




(c)2009 A&A partners/TMI Associates/ Booz&Company(Japan)Inc./ Meiji Yasuda Insurance Company
日経BP社
「日経ビジネス 経済・経営用語辞典」
JLogosID : 8517696