100辞書・辞典一括検索

JLogos

34

自発的なやる気を芽生えさせる


【至言】
『うまくいかない会社に足らないのは意識だ。
「儲けよう」「一生懸命働こう」「いいモノを作ろう」「もっと会社を大きくしよう」という意識が足りない。
それをしっかり植え付ければ、誰も辞めさせずに会社を再生できる。』永守重信 日本電産社長

【解説】
 日本電産の永守重信社長は、業績不振の企業を買収して超スピードで再建することに次々と成功している。それだけでも驚くべきだが、もっと驚くのは、基本的に人員削減をしないで業績を回復させているという事実だ。同じ社員が働いているのに、どうして急に業績が良くなるのか。その「永守マジック」の神髄は、社員をやる気にする意識改革にある。
 永守社長は買収先の企業で陣頭指揮に当たる。経営陣や幹部社員はもちろん、新入社員に至るまでの全社員の意識を変えるためだ。「ずっと、こうだったから」などという理由で見直されることがなかった仕事のやり方を徹底的に叩き直す。
 どうすれば儲かるのか。答えを自分たちで探し、実行し、成果が上がれば、社員の目の輝きは変わってくる。
【チェックポイント1】
□ リーダーの最大の仕事は、部下のやる気を引き出すことである。
【チェックポイント2】
□ 社員のやる気は会社の業績と直結している。
【チェックポイント3】
□ 前例主義などを改め、「もっと良くしよう」という気持ちを持たせる。




(c)日経BP社 2008
日経BP社
「心にとめておきたい名経営者の至言」
JLogosID : 8516659