100辞書・辞典一括検索

JLogos

56

銀河系
【ぎんがけい】


宇宙では,たくさんの星が大きな集団をつくっています。そのような集団を銀河といいます。銀河は,およそ1000億個以上の星の集まりで,その範囲(はんい)は,およそ10万光年以上あります。
私たちの太陽系が属している銀河をほかの銀河と区別して,「銀河系」といいます。私たちの星,地球のある太陽系は,銀河系の一員なのです。
銀河系には,2000億個をこえる恒星(こうせい)があるといわれています。銀河系は,渦巻き型(うずまきがた)をしていて,バルジという中心の部分と,ディスクという円盤(えんばん)の部分と,そのまわりをとりかこむハローから成り立っています。中心の部分の厚さは,およそ1万5000光年。円盤(えんばん)の部分も合わせた直径は10万光年の大きさがあります。私たちの太陽系は,銀河系の中心部分からおよそ2万8000光年離(はな)れたところにあります。
夜空に見える天の川は,銀河系円盤部(ぎんがけいえんばんぶ)を内側から見た姿で,われわれの銀河系の一部です。




東京書籍
「宇宙の科学アストロジア」
JLogosID : 7505035